白髪染めっていつから始めるの?頻度はどのくらい??

ヘナの白髪染めの注意点

自然の素材を使用した白髪染めがヘナです。

 

ヘナは髪や頭皮に優しいイメージがありますが、100%安全とはいえません。

 

国民生活センターによると2002年から2006年の間に203件ものクレームが寄せられていると報告されています。

 

ヘナにはヘナ100%のナチュラルヘナと化学成分も含むケミカルヘナの2種類があります。

 

ヘナだから天然成分しか使用していないというわけではないのです。

 

ケミカルヘナにはジアミン系化学染料が含まれていることがあり、アレルギーを起こす恐れがあります。

 

購入するときは成分を確かめてください。

 

ヘナの白髪染めはローソンというタンパク質で染めているのですが、ローソンが検出されなかった製品もあるようです。

 

ヘナをごく微量でも配合してればヘナの白髪染めといえるのです。

 

名前に惑わされないようにすることが大切です。

 

どんなタイプの白髪染めでもそうですが、ヘナを安全に使用するためにパッチテストを行います。

 

ヘナを少量水で溶いてひじの内側に塗布して24時間後の反応を見ます。

 

異常がでたらすぐに洗い流して使用を中止してください。

 

赤みやかゆみなどのトラブルが出ていなければ使用できます。

 

体調は日々変化しているので、一度使って問題なかった製品でも使う度にパッチテストをして安全を確かめます。

 

白髪染め口コミランキング

みんな白髪染めはどこでしているの?

 

30代半ばから白髪がチラホラと目立つようになりました。

 

それほど多い訳ではありませんが、白髪をそのままにしておくと人に指摘されるようなことがあってもいやだし、見た目年齢がぐんと上がるような気がして染めようと思ったのですが、さて多くの人は自分で染めているのか美容室で染めているのかと考え、どうしたらよいか悩んだことがあります。

 

自分で染めるなら、価格が安いしいつでも思い立った時に染めることができるというメリットがあります。

 

一方で、髪を傷めるのではとか、うまく染まらないのではとか、準備が大変だしバスルームに色が残るのではなどのデメリットを考え、結局は今まで美容院でしか染めたことがありません。

 

美容院で染めるとなると、やはりデメリットは自分で染めるよりもお金がかかるということです。

 

また定期的に通わなければならないので、自分でできたらどんなに楽かと思うこともあります。

 

それでも自分の髪の色に合わせて、髪の悩みも相談しつつ染めてもらうことができるので、今のところは美容院を選択し続けています。

 

白髪染めをしている人の中で、どのくらいの割合の人が自分で染めているのか知りたいと思いつつ、いつかは自分で挑戦したいと考えています。

自然派のかたにおすすめの白髪染め

 

一度白髪が目立ち始めると使用し続けなければならないのが白髪染めです。

 

思い切ってそのまま白髪を楽しむという手段もありますが、どうしても老けた印象を与えてしまうことは避けられませんので、多くのかたが黒く染めようとします。

 

ですが白髪染めを使用し続けると気になってくるのが髪の痛みです。

 

いくら髪に優しいと謳われている白髪染めであっても薬品が使われている以上、何らかの負担が髪にかかってしまいます。

 

潤いがなくなってしまってパサついたり、切れ毛や抜け毛が多くなって髪が薄くなってしまうことも少なくありません。

 

髪を黒くしたいけれども髪が痛んでしまう、そのことにジレンマを感じているかたも多いでしょう。

 

そこでおすすめなのが、草木染めで髪を染める方法です。

 

植物で染色することで、髪への負担を極力減らすことができます。

 

いわゆるヘナと呼ばれるものですが、これのみでは白髪をオレンジ色にしか染めることができません。

 

インディゴを加えることで黒さを調整することができます。自分好みに髪色をコントロールすることが可能です。

 

薬品を使用しないため髪を染めるのに時間がかかってしまいますが、髪へのダメージはその分少なくなります。

 

トリートメント効果もありますので、一度使用してみることをおすすめします。